これが最後か マンション購入とその後

予想もしていなかった50代での新たな住宅ローン。どうなることか・・・ インデックス投資は老後を救える?

確定申告の準備

パソコンで確定申告をしている人のイラスト

確定申告の準備を始めました。

WebサイトからPCで行い,今回は添付書類もあるので,申告書は印刷して送付することになりそうです。

私は複数の給与収入があるので,毎年確定申告しています。

 

ふるさと納税

試しに入力してみました。件数が多いので,一々入力するのは大変と思ったのですが,○○市の一件だけ詳細を入力し,「○○市ほか」と記載,他のものも含めた合計額を入力すればよいことがわかりました。

勤務先から源泉徴収票が入手できたら,収入の箇所を入力し,その後,ふるさと納税分も最終的なものを打ち込もうと思います。

今年はこれまでで最高額のふるさと納税をしたので,限度額をオーバーしていなかったか,少し心配です。

 

【旧マンションの売却益】

自宅マンションの売却益があります。取得費用や売却費用も勘案して,課税部分が決定します。売買に関する様々な書類をきちんと保管しておいたので良かったです。

売却した前宅で住宅ローン減税を受けているのですが,その物件の売却益に3000万円特別控除が適用になるのか,ネットで調べても明確ではありませんでした。

No.3302 マイホームを売ったときの特例|国税庁

そこで,事前にこれまでの売買状況を図にして整理し,税務署の「確定申告相談センター」に電話してみました。

結果,自宅の場合,3000万円特別控除は適応できるという回答でした。安心しました。

(あくまでも電話相談の結果です。詳細は,税理士さんや所轄の税務署で予約相談をして確認したほうがよいです)

ちなみに,3000万円特別控除を今回適用すると,新居の住宅ローン減税は併用できません。私のマンションは小さくて,そもそも住宅ローン減税の対象外なので,問題ありません (>_<)

 

【米国株・ETFの配当金・分配金】

配当金・分配金に対する外国所得税は,一部確定申告で取り戻せるようです。

しかし,私の場合,合計額はそれほど大きくないですし,給与所得額によっては不利となることもあるようなので,もう少し調べてみます。