これが最後か マンション購入とその後

予想もしていなかった新たな住宅ローン。どうなることか・・・

買主さんの本審査承認

先日,仲介会社の担当者から連絡があり,買主さんの住宅ローン本審査が承認されたとのことでした。

さらに安心しました。

これで余程のことがない限り,決済・引渡は予定どおり行われる見込みです。

肝心の引っ越し先ですが,現在,ある新築マンションの検討しています。

先日,ウェブ相談会に参加し,来週にモデルルームを見学する予定です。気に入れば,住宅ローンの事前審査,購入希望書の提出という流れです。

住宅ローンに関しては,先日,中古物件の見学の際に,ARUHIに事前審査を申込み,希望の融資額で承認されています(現在の住宅ローン残債は,1月に完済されるという前提で審査してもらえました)。これよりは,今回の新築物件は高いので,希望融資額はもう少し上になります。

例えこの物件が購入できるとしても,入居が3月なので,当面の住まいを確保しなければなりません。

 

契約完了

週末に,自宅マンションの売却契約を無事,済ませました。

今回,はじめてキャッシュレスでの手続きでしたので,買主さんは,事前に仲介会社の口座に手付金を振り込み,契約完了後に売主の口座に振り込まれる流れでした。

よって当日は,買主,売主が別々に仲介会社で手続きをしました。

司法書士にお預けする書類のなかで,印鑑登録証明書ですが,あくまでも決済日(抵当権解除の日)まで3か月以内のものでなければいけなかったようです。

帰宅後,コンビニで取得して,司法書士事務所に郵送となりました。

司法書士に登記識別情報を預ける必要がありました。もっと決済日が近くなってから預ける売主さんもいるらしいです。少し心配でしたが,預かり証もいただいたので,仲介会社の担当者にも確認し,預けることとしました。

買主さんも良い方のようですので,よかったです。

来年1月の引渡まできれいに保って,気持ちよくお渡ししたいです。

ちなみに,先日,設備等の安心保証の点検があり,全て問題なしという証明を発行していただきました。買主さんも安心されると思います。

さあ,次は当面の引っ越し先を探します。

 

住宅ローン控除の年末調整に必要な書類

ようやく税務署から,「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申請書」が送られてきました。

勤務先から年末調整の書類が配布されて,提出期限もあるので,少し心配していました。

これと,銀行から送られた「住宅取得資金に係わる借入金の年末残高等証明書」が必要書類です。

売却契約が順調にいけば,次は決済・引渡となりますが(買主さんの住宅ローン本審査が残っていますが・・・),どうやら1月になりそうです。

フルに10年間の控除を受けたかったです。2年間だけで終わるなんて思ってもみませんでした。

 

もう前のみを見ると決めたので,淡々とやれることをやっていきます。

収入印紙を購入

今週末に控えた売買契約に必要な収入印紙を,郵便局で購入しました。

翌年,短期譲渡所得の確定申告をするとき,収入印紙の領収書が必要になるので,なくさないようにとっておきます。

印鑑証明(発行3か月以内)も既に用意したし,登記識別情報も確認したので,必要な持参物は全てそろいました。

登記識別情報についてですが,今回,共有名義のものを持分移転登記の手続きをしてあります。これについては,いずれ詳細に書く時がくるかもしれません。

 

とにかく,こちらの準備は万端です。

買主さんの住宅ローン仮審査 通過

昨日,担当者から連絡があり,買主(購入希望者)さんの住宅ローン仮審査が通ったとのことでした。

まず,最初のハードルは越えました。

売却の契約予定

先日,仲介会社の担当者と打合せをしました。

購入希望者が複数いらしたのですが,そのうちの一人に売却する方向で進めることになりました。

ただ,打合せの時点では,住宅ローンの予備審査の結果が出ていなかったので,少し心配なのですが,担当者は様々な要素を勘案し,問題ないとのことでした。

週末に契約手続きをする予定です。

うまく進むことを願っていますが,最後の決済・引渡までは何が起こるかわかりませんので,冷静に対応していきたいと思います。

 

2日間連絡なし

この2日間,仲介会社の担当者から内見申込み等の連絡は全くありません。

もっとも,明日土曜日は,設備点検やマンションの1年点検がありますし,日曜日午後は仕事があることは担当者に伝えてあるのですが・・・

購入申込みされた方々の住宅ローン審査の進捗もどうなっているのかわかりません。

少し不安になってきました。