これが最後か マンション購入とその後

予想もしていなかった50代での新たな住宅ローン。どうなることか・・・ インデックス投資は老後を救える?

確定申告の準備2 外国税額控除

パソコンで確定申告をしている人のイラスト

確定申告書作成コーナーで,確定申告の準備を進めています。

私は複数の給与収入があるので,毎年確定申告しています。

2021年分は

などの申告も行うので,ここまで進めました。

昨夜は,国税額控除についても入力してみました。

2021年は,米国株・ETFから配当・分配金を受け取りました。二重課税の状態ですので,その一部を取り戻そうとしています。

さて,実際の入力ですが,結論から言うと,思っていたよりも簡単でした! 

そして,二重課税分の一部を取り戻せそうです!

主なステップは:

1.配当所得の入力

2.外国税額控除の入力

です。

上記1は,SBI証券のサイトからDLした「特定口座年間取引報告書」のデータファイルをアップロードすると簡単に終了。私は,申告分離課税を選択しました。

2については,特定口座年間取引報告書をみながら,入力すればあっという間に完了。

配当・分配金の額が小さいので,戻る額は1万円にもみたないわずかな額ですが,少しでも取り戻せそうで,うれしいです。

もっとも,私の場合はその金額が実際に還付入金されるのではなく,全体の納税額が減少するだけなのですが・・・

 

国税額控除のやり方については,以下のサイトやブログを参考にさせていただきました。

 

もう1箇所から源泉徴収票が到着すれば,確定申告書の入力は完了する見込みです。