これが最後か マンション購入とその後

予想もしていなかった50代での新たな住宅ローン。どうなることか・・・

提携ローン

やはり私の不安は的中しました。

提携住宅ローンの本審査をお願いしていたメガバンクの担当者から連絡があり,

「本審査の承認が下りるところまでは来ましたが,アプリからの申請時,不動産会社のID番号を入力していないので,提携ローン扱いにはならず,+0.05%の優遇は受けられません。」とのこと。

全くあきれてしまいました。

販売会社に言われて提携ローンの銀行まで出向いて,全ての書類を提出したのが,11/21。

その時初めて,アプリからの申請だと,さらに0.05%の優遇があると説明。

 その後,アプリからも追加申請したのが,11/26。

販売会社の担当者にも,アプリでID入力を求められたが?と相談すると,「あれは新しいシステムなので,我々もまだご案内ができていなくて・・・」と軽い対応。「あとは銀行の担当者がアプリの部署と連携をとって進めてくれますから」と。

その後,2回にわたり,銀行の担当者に進捗を確認。

結局は,事務作業がたてこんでいて,しばらくの間,審査にも回っていないことが発覚。あげくの果てに,12/25,1ヶ月もたってから,冒頭のような連絡。全く非効率で不親切極まりない!

銀行担当者が最もダメなのだが,販売会社も提携ローンなら,もっとしっかり案内すべきです。本当に腹立たしい!

こちらは,提携ローンの担当者に不安を覚えて,待っている間にソニー銀行に審査を申し込んでおいたからいいようなものの。提携ローンの審査だけ待っていたら,丸々1ヶ月,無駄になっていました。

 提携ローンの担当者は,「私が出向いてアプリで入力し直しますので・・・」ですと。

即座にお断りし,追加優遇なしで承認が出ているなら,それを送付するようにお願いしました。

本当に複数で本審査をしておいて良かったです!

ネットには複数の銀行に住宅ローン本審査を出すことを奨励するサイト,1つにするべきだと主張するサイトがありますが,少なくとも私の場合は,複数出しておいて大正解でした。

 銀行の担当者,重要です。

提携ローンのメガバンクとは全く対照的な,ソニー銀行のタイムリーな対応に,

あらためて感謝しています。

 これから金消契約や最終的な借り入れ,ローン返済開始までは気が抜けませんが。

ソニー銀行が通っているので,ひとまず安心してお正月を迎えられます。